HOME>トピックス>顎のスペースを十分に確保したらその後歯を正しい位置に移動させていきます。

目次

まずは顎のスペースを確保する

歯科イメージ

最近の子どもたちは昔ほど硬いものを噛まなくなってきたこともあり、顎が小さい傾向にあります。そうすると永久歯がきちんと並ぶスペースが十分にないため歯並びが悪くなってしまいます。歯並びが良くないということはまず第一に見た目が悪いです。そして歯磨きがしづらいため虫歯になってしまったり、歯周病になってしまいます。そのため矯正をすることをお勧めします。ですが矯正を始める前にまず部分的な抜歯も必要です。なぜなら歯がきれい並ぶためのスペースが必要だからです。

顎のスペースにきちんと歯を並べる

インプラント

部分的に抜歯をすると、顎に余裕のあるスペースが確保できるため、今度はそこに歯をきれいに移動させることをおこないます。このことを矯正と呼びますが、実はこの治療にはすごく時間がかかります。平均でも3年はかかると理解しておくべきです。なぜこんなに時間がかかるのかというと、歯を正しい位置に移動させることが非常に難しいからです。実は歯というのは横に継続的な力で押されると少しずつ動く特徴があります。これを利用して矯正をおこないますが、歯を押す力加減と歯がその力に耐えられるかの絶妙なバランスで治療が成り立ちます。そうすると3年はかかることになります。それは患者さんに理解してもらっています。

広告募集中